プロポリスでインフルエンザ予防

前へ
次へ

毎年11月頃から春先の時期はインフルエンザが流行するため、小さい子供やお年寄りがいる家庭などは様々な予防を行っているのではないでしょうか。インフルエンザの予防法は多岐に渡りますが、健康食品のひとつであるプロポリスを活用することは効果的です。ここではインフルエンザの予防法と、プロポリスでインフルエンザ予防する方法をご紹介します。

一般的なインフルエンザの予防法

インフルエンザの予防法は多岐に渡りますが、予防接種は最も有名な予防法のひとつです。インフルエンザワクチンを摂取することで、体内の免疫細胞がウイルスを認識して覚え込ませることができます。そのため本物のインフルエンザウイルスに感染した際も、免疫細胞が一気に攻撃できる体制を整えることができます。インフルエンザワクチンのデメリットとしては、乳幼児は免疫が未熟のためワクチンの効果がつきにくいことです。しかし重症化を防ぐ効果が期待できるため、インフルエンザ脳炎といった重症化を予防するために、乳幼児でもできれば摂取した方がよいと言われています。その他のインフルエンザ予防法として、マスクの着用、外出後の手洗い・うがい、室内の適度な湿度の保持、十分な休養とバランスのよい食生活、人が多い場所への外出を控えることが挙げられます。

プロポリスでインフルエンザ予防

インフルエンザ予防を行うために、健康食品のひとつであるプロポリスを活用するのも効果的です。プロポリスはミツバチが木の芽や樹液を原料として作ったもので、強い抗菌・抗ウイルス作用が特徴です。プロポリスはもともとミツバチの巣を細菌やウイルスから守るために作られたものです。細菌やウイルスに満ちている環境でミツバチの巣内が無菌状態を保てるのは、プロポリスの作用によるものです。プロポリスは強力な抗ウイルス作用によって、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する働きがあることが分かっています。またプロポリスは免疫力を高める効果もあることから、プロポリスを活用することでインフルエンザウイルス予防効果が期待できます。

プロポリスを使ったインフルエンザ予防法

プロポリスは様々な形態で販売されているため、プロポリスを使ったインフルエンザ予防法は複数あります。ここではプロポリスを使ったインフルエンザ予防法を4つご紹介します。

プロポリス原液を薄めて飲む

プロポリスを使ったインフルエンザ予防法の一つ目は、プロポリス原液を飲むことです。プロポリスの原液は、そのままでは強烈なにおいと味で飲むことは難しいので、水や白湯で薄めて飲みましょう。 プロポリス原液を飲むことで、体内でインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果が期待できます。また抗菌・抗ウイルス作用の強いプロポリスを摂取することで、身体の免疫機能を向上させることができます。免疫力を上げることでインフルエンザウイルスに感染しにくい身体作りをすることができるため、間接的にもインフルエンザ予防をすることができます。

プロポリス原液を薄めてうがいをする

プロポリスを使ったインフルエンザ予防法の二つ目は、プロポリス原液を薄めてうがいをすることです。プロポリス原液を水に数滴たらしたものをうがい薬の代わりに使うことで、インフルエンザ予防効果が期待できます。プロポリスは強い抗菌・抗ウイルス作用があります。プロポリス原液を薄めてうがいをすることで口腔内を清潔にし、インフルエンザウイルスの増殖を防ぐ効果が期待できます。

プロポリスのど飴をなめる

プロポリスを使ったインフルエンザ予防法の三つめは、プロポリスのど飴をなめることです。のどや気管支が乾燥すると防御機能が低下するため、インフルエンザウイルスに感染しやすくなります。またインフルエンザワクチンは湿度が高い環境では増殖しないことが分かっています。抗ウイルス作用の強いプロポリスが含まれているのど飴をなめることで、口腔内の乾燥を防ぎインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果が期待できます。

スプレータイプのプロポリスを使う

プロポリスを使ったインフルエンザ予防法の四つ目は、スプレータイプのプロポリスを使うことです。プロポリススプレーは直接口やのどにプッシュしたり、飲み物に入れたりして使います。スプレータイプのプロポリスは、プロポリス独特の味が気にならないように味が調整されている商品が多いです。プロポリス原液の味が苦手なひと、より手軽にプロポリスを摂取してインフルエンザ予防をしたい人は、スプレータイプのプロポリスがおすすめです。

まとめ

毎年秋から春先の時期に流行するインフルエンザの予防法は多岐に渡ります。健康食品のひとつであるプロポリスは抗ウイルス作用が強いため、インフルエンザ予防に活用することができます。プロポリスを使ったインフルエンザ予防法は、プロポリス原液を薄めて飲む、うがいをする、プロポリスのど飴をなめる、スプレータイプのプロポリスを使うことが挙げられます。自分に合った予防法を選んで、インフルエンザ予防をするのがおすすめです。

ページのトップへ戻る