プロポリスで体の内側からの美容対策

前へ
次へ

美容対策のために、化粧水や美容液といった外側からのケアだけをしている人が多いのではないでしょうか。健康的な肌を保つためには外側からのケアも大切ですが、身体の内側にある活性酸素の対策を行うことも重要です。活性酸素による美容対策に、健康食品のひとつであるプロポリスを摂取することが挙げられます。ここでは活性酸素による美容への悪影響と、プロポリスによる美容対策についてご紹介します。

活性酸素は美容の大敵

美容の大敵は身体の外側から浴びる紫外線が有名ですが、身体の内側にある活性酸素も挙げられます。活性酸素は細菌やウイルスの感染を防ぐために必要な物質ですが、必要以上に増えると体内の細胞を酸化させ老化を進行させてしまいます。その結果、肌のコラーゲンを変性させ、シミやシワの原因となってしまいます。活性酸素はストレス、紫外線、喫煙、過度な飲酒、食物添加物、大気汚染などが原因で増えることが分かっています。体内には活性酸素を除去するSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)という酸素がありますが、ストレス社会と言われる現代は活性酸素が増える原因が多いことから、SODだけでは余分な活性酸素を除去しきれない人が多いのが現状です。美容対策を行うためには、体の内側から活性酸素の働きを抑えることが重要です。

プロポリスの抗酸化作用で美容対策

健康食品のひとつであるプロポリスは、ミツバチが集めた樹液や花粉を唾液と混ぜて作った分泌物です。プロポリスには、抗酸化作用の強いフラボノイドやビタミンEが含まれています。フラボノイドは植物に含まれている色素、苦味、辛み成分であり、ポリフェノールのひとつです。フラボノイドは強力な抗酸化作用があることから、活性酸素の働きを抑制しシミやシワを予防する効果が期待できます。またビタミンEも抗酸化作用が強い栄養素で、活性酸素から身体を守る働きをします。ビタミンEは血管や肌細胞の老化を防止し、血行を促進する効果があることから別名『若返りのビタミン』とも呼ばれています。またビタミンEは紫外線による悪影響から肌を守る働きもあるため、シミやシワを改善する効果も期待できます。プロポリスからフラボノイドやビタミンEを摂取することで、活性酸素による身体の酸化を防ぎ美容効果を期待することができます。

まとめ

美容対策をするためには、身体の外側だけではなく内側から対策することも重要です。美容の大敵である活性酸素は、体内で必要以上に増えると細胞を酸化させて老化を進行させる物質です。プロポリスに含まれるフラボノイドやビタミンEは、活性酸素の働きを抑える働きをします。プロポリスから美容対策に役立つ栄養素を摂取して、身体の内側から美容対策をしてみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る